風景撮影で気を付けたいこと

広大な景色はf8-16で撮影がお勧め
広大な景色はf8-16で撮影がお勧め

 

9月、10月の連休でお出かけされた方も多く

いらっしゃったのではないでしょうか?

 

今日は景色を撮るときの絞りの数値について

ワンポイントアドバイスをお伝えします。

 

都心で撮影していると被写体がすぐ目の前にあることが

多いのですが、自然が豊富な風光明媚な場所だと、

広大な景色を撮りたくなります。

 

そんな時、絞り優先モードで撮影されている方は

絞りは「f8~16」をお勧めします。

そうすることで全体の景色をはっきりと記録できます。

(f4前後だと、ピントが合っていないぼけた写真になる可能性があります)

 

もう一つ注意点。

 

そんなとき、いつもはf4前後で撮影されている方が、

f8-16の間で撮影すると、写真のような青空の部分に

黒いしみのようなものが映り込むときがありますが、

それは「イメージセンサーの汚れ」の場合があります。

 

そんな時はご自宅に帰って、イメージセンサーにブロワーを使って

空気を吹き付けて汚れを落としましょう。

ご自身で薬品を使って落とすこともできますが、

万が一傷がついた場合は元に戻せませんので、

ご自身で落とせない汚れが気になるときは、カメラメーカーの窓口に

お掃除を依頼してください。(1回1千円前後、1時間前後でお願できる場合があります)

 

いざというときに美しい景色が記録できるように

お掃除も念入りにしておきたいですね!