風を撮る、写真家テリワイフェンバックから学ぶ

 

静岡県三島市、クレマチスの丘で開催中の、

アメリカの写真家テリ・ワイフェンバックの展示に際し、ご本人が1ヶ月、

日本に滞在されていました。

 

幸運にもテリさんご本人にお会いする機会をいただくことができ、

写真のアドバイスを頂戴しました。

 

印象的だった言葉は、

 

「ディープフォーカスにしないこと」

手前から奥まで、くっきりはっきり撮りすぎない、もっとぼかして!

 

というアドバイスでした。

 

日本人の男性に多く見られる、被写界深度が深い写真と真逆の、

1点にピントがあい、後はボケている写真という特徴があるテリさんの作品から、

いつも風や空気を感じることができます。

 

これは人によって感じ方が違うので、そう思わない方もいるかもしれません。

けれど、自分の表現に自信を持って発表されているテリさんの姿勢に

ますますファンになりました。

 

ご本人にお会いしたあとから、

自分自身の写真に対する姿勢が大きく変わった気がします。