主催者 プロフィール

松田 洋子 (まつだ ようこ) 

公益社団法人 日本写真協会  会員

 

港北カルチャーセンター写真講座

   「気軽に楽しむフォトレッスン」講師

 

 

子育ての傍ら、

フラワーアレンジメント、ラッピング、

宅建などの 資格を取得。 

 

2008年、

パリフラワー研修のために買った

コンパクトデジタルカメラ RICOH R-10での

撮影が楽しくなり一眼レフカメラもその後購入。

 

自身のブログで写真レッスンの告知をしたところ、

20名の方が受講。

 

その後、写真家を招いて講座を開講、同時に自分が講師として写真講座を開講。

 

大好きな場所、横浜山手西洋館や、

日々の何気ない被写体を撮り続け

アメーバブログにて2009年10月より発表を続け、

現在は教室の講座のようすを紹介するブログとして

更新し続けている。

 

写真愛好家としても

Yoko Matsuda Photo
facebookページ Yoko Matsuda

に作品を掲載している。

 

 

 

2009年9月 

ブロカメラマンのレッスンを受講開始

 

2011年5月 

自宅にてカメラレッスンを開始

 

2011年6月 

写真家 岡田邦明先生の講座を受講、

その後、招致し講座を開講

 

2012年4月 

東京・学芸大学にて自身の写真展「まとりかりあ」を

2週間開催。約150名を動員

 

2012年8月 

そごう横浜店にてカメラ女子の仲間たち14名による

写真展「心に写るもの」を企画運営

 

2013年2月 

「まとりかりあ写真教室横浜」を本格的にスタート

 

2013年5月 

横浜元町にて 個展「いろを織る」を開催

 

2013年8月

そごう横浜店にて、教室の生徒様のグループ写真展

「窓 -それぞれの印象から見えるもの-」を企画、開催

 

2014年1月

自宅サロンから、JR横浜駅東口徒歩3分のサロンに移転

 

2014年8月

横浜・みなとみらい、SABWAY GALLEY Mにて

教室の生徒様のグループ写真展

「道 -拡がるイメージ-」を企画、開催、

430名を動員する。

 

 

2014年10月現在、企業の社員様向け写真講座、

写真コンサルタントを担当。

 

 

 

2015年2月

東京・目黒 R-STOREの

ネットショップ aRtsにて、写真販売スタート

 

2015年8月26日~31日

元町中華街、ギャラリー artTruthにて

個展を開催予定

 

2015年8月

横浜・みなとみらい、SABWAY GALLEY Mにて

第3回目の教室グループ写真展を企画、開催

 

2015年9月

大手フラワーアレンジ協会講師向け

写真講座を担当

 

2015年10月

横浜山手西洋館 グループ写真展に参加

 

 

 

2016年2月

茅ケ崎美術館 「Ten・kai」展に参加

 

2016年8月

横浜・みなとみらい、SABWAY GALLEY Mにて

第4回目の教室グループ写真展を企画、開催予定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まとりかりあ写真教室 横浜 主宰者・松田洋子 写真への思い

 

 

 

“ 写真は 心と向き合う宝物 ”

 

          松田 洋子

 

初めまして。  

 

まとりかりあ写真教室横浜

主宰者・松田洋子です。

 

 

この度は数あるHPの中から、

私の教室のHPにご訪問くださり、

ありがとうございます。

 

 

私が写真を始めたのは、

自身で手がけたフラワーアレンジの作品を

自分の手で美しく撮影したい・・・

ということがきっかけでした。

 

 

24歳の時に結婚、

結婚退職が当たり前の時代、

なんとか仕事を続けたい気持ちを

上司に訴えましたが、願いが叶わず、

そうこうしているうちに子供ができ

専業主婦の道へ。 

 

 

子育ても大変充実した時間でしたが、

母として、妻としての役割が

どうしても中心になり、

自分を封印しなければいけない状況が

できてしまう毎日を過ごしていました。

 

 

そんな中、子供が大きくなったときに、

このままでは自分を見失ってしまう・・・と感じ、

残りの人生を充実させ、それをたくさんの人と

感動を分かち合えるような時間を過ごしていきたい

という思いを心に秘めていました。

 

 

けれど、どんなことで充実させたらいいのか、

誰と分かち合ったらいいのか・・・。

 

  

目標が全く見えない日々の中、

結婚して4年後に子供の頃から憧れだった

ダンスやクラシックバレエを習い始めました。

 

 

ほどなく、夢中になり、舞台にも何度か立ちました。

でも現実は甘くありませんでした。

 

もともと悪かった股関節が悲鳴を上げ、

両足を手術しなければ

いけない時がきたのでした。 

  

もちろん、ダンスやバレエはできません。

 

 

手術を宣告されたときは、未来が閉ざされ、

目の前が真っ暗になりました。

家事以外の時間はソファに寝たきりの状態で

動く気持ちにもなれませんでした。

 

 

足かけ4年の入院・手術を経て

退院後、足に負担のないものを

なにか勉強できないかと探し、

フラワーアレンジを習い始めました。

 

 

ちょうど良いタイミングで、所属していた

協会からパリフラワー研修のお誘いを戴き、

自分へのご褒美として、新婚旅行以来の海外旅行、

しかもヴェルサイユ宮殿・戦いの間の花装飾を

体験できることができたのです。

 

この時、

こんなに貴重な時間を撮影しない手はない!と、

買ったコンパクトデジタルカメラが、

写真の世界に入るきっかけとなりました。

 

 

その後、お花を専門に撮影されている先生のもとで、

約1年勉強し お花以外にも、建物や風景、自然など

好きなものを撮影して楽しんでいました。

 

 

ブログにアップするたびに、思いがけず友人から

良い反応を頂いたので、調子にのり、

次々と撮影してはアップする毎日。

ますます撮影することにハマっていきました。

 

 

 

一昨年6月、

偶然広告でみた写真に魅了され、

ぜひこの先生の講座を受講してみたい!と

現在お世話になっている、写真家岡田邦明先生に

写真をご指導していただくようお願いしたところ、  

タイミングよく、我が家での講座を開講して

いただけることになりました。

 

 

同じ頃、

私自身にも「写真講座を開いて欲しい」という

リクエストがありました。

ブログで呼びかけたところ、20名の方が

お集まりくださり、写真への熱い思いを持っている

皆さんとお会いできました。

 

 

さらにクロワゼという団体を立ち上げ、

30代から40代の女性の方で、

自分らしく輝きたい!楽しみたい!と

いう方を応援させていただき、

様々な講座を開講しました。 

 

 

1年後、次は私自身が

「写真」を通して、たくさんの方と

楽しい体験を共有していきたい・・・

という当初の思いが強くなり、

それを形にしていこうと考え、 

「まとりかりあ写真教室横浜」を

2013年2月4日より、

立ち上げることにいたしました。

 

  

写真を撮ったあと、

それを振り返ってみてみると、

自分の心がそのまま表れていて

はっとすることがあります。

 

 

 

私にとって写真とは、

自分の心と向きあうことのできる、

”大事な宝物” です。

 

 

 

そして、写真を見てくださった方が、

思い思いの想像をしてくださり、

その思いの世界に一瞬でも浸っていただけるものでも

あるような気がしています。

 

 

写真を通じてご自分と向きあい、

日々の生活を楽しんでいただいたり、

大切な瞬間を記録していただくお手伝いができたら・・・

 

 

 

子育て中から今までずっと心に秘めていた、

「たくさんの方と感動を分かち合えたら」

という願いが叶えらえるのではないかな?

と思っています。

 

 

 

 

              松田洋子