主宰者プロフィールと
講師実績

 

松田 洋子

Yoko Matsuda

 

横浜市磯子区出身

公益社団法人 日本写真協会  会員


Yoko Matsuda Photo(ホームページ)
facebookページ Yoko Matsuda

 

<経歴> 

2008年、

パリフラワー研修のために買った

コンパクトデジタルカメラ RICOH R-10での

撮影が楽しくなり一眼レフカメラもその後購入。

 

2009年より写真レッスンを受講し始めたころ、

商品撮影や、写真講座のリクエストがあり
講座は初回で20名の方から申し込みを受け、

ポートレート撮影から商品撮影、写真講座などを始める。


2012年9月に自宅で写真教室を開講、
写真家を招いて講座を開講しながら、

自身も講師として全く初心者の方に向けて講座を
始める。

 

 

2013年2月よりJR横浜駅東口徒歩5分のサロンに移転、

教室の講座以外にも、

 

不動産会社社員に向けた

「物件を撮影する」写真講座や、

 

フラワーアレンジ協会講師に向けた

「お花を綺麗に撮る」講座、

 

大手メーカーの福利厚生事業の写真講座など

10名から50名の生徒に向けて講座を行う。

 

生徒数が70名を超えたこと、また
楽しいものから専門的なワークショップを開催するため、

 

2018年2月よりJR横浜駅西口徒歩6分のアトリエに移転

 

現在は写真教室を主宰するだけではなく、

写真家として、日々のなにげない風景や、生まれ育った

横浜を中心に撮影を続け、個展も開催している。

 

 

 

 

 

 

 

 

<講師実績>

 

2018.3
カメライベント「CP+」
初心者対象のワークショップ講師を担当予定

 

2014〜2017

横浜・港北カルチャーセンター

「気軽に楽しむフォトレッスン」

 

2017.6

大手電機メーカー福利厚生イベント担当

 

2014〜2016

大手フラワーアレンジ協会写真講座担当
「お花を美しく撮る」

 

2014〜2017

不動産会社・社員向け写真講座を担当

「物件撮影のポイント」ほか

 

2014.6

東京都荒川区創業セミナーにて
創業1年目の女性起業家として登壇

 

2013

大手フラワーアレンジ協会イベント担当

「お花を美しく撮る」

 

2013〜2014

横浜・綱島カルチャーセンター写真講座担当

「気軽に楽しむフォトレッスン」

 

 

 

 

<写真展>

2018.1

フォトヨコハマ2018イベント

eye loves Yokohama出展

 

2017.10

個展「窓辺のまなざし」

東京銀座奥野ビル ギャラリー403

 

2017.10 

グループ写真展「あえかなひかりの中で」プロデュース

横浜元町中華街 ギャラリーartTruth 

 

2016.8

グループ写真展「心の窓」

プロデュース・出展

横浜みなとみらい サブウェイギャラリーM

 

2016.2

茅ヶ崎美術館「Ten・kai」展

 

2015.10

横浜山手西洋館 グループ写真展出展

 

2015.8

グループ写真展「耀く」 プロデュース・出展

横浜みなとみらい サブウェイギャラリーM

 

 

2015.8

個展「silhouett」

元町・中華街 ギャラリーartTruth

 

2015.2

東京目黒 アートショップ「aRts」

写真販売

 

 

2014.8

グループ写真展

「道-拡がるイメージ」出展

 横浜みなとみらい サブウェイギャラリーM

 

 

2013.10

グループ写真展 「窓 それぞれの印象から見えるもの」

5人展出展

 

2013.8

グループ写真展 「窓 それぞれの印象から見えるもの」

横浜みなとみらい サブウェイギャラリーM

 

 

2013.5

個展「いろを織る」

横浜元町中華街 ギャラリーカフェ・ランチパッド

 

2012.8

グループ写真展 「心に写るもの」

そごう横浜

 

2012.4

個展「まとりかりあ」

東京・学芸大学

 

 

 

 

<使用カメラ>

キヤノン5DMarkⅣ ソニーα7Ⅱ ニコンD5600
RICOH-GR LeicaM3

 

<使用レンズ>

キヤノン 50mm/f1.4

タムロン 45mm/f1.8

タムロン 90mm/F2.8
カールツァイス 50mm/f1.4

カールツァイス 85mm/f1.8
フォクトレンダー ULTRON 40mm/F2
ライカ Summarit 50mm/f1.5 

ライカ Summitar 50mm/f2

 

 

  


まとりかりあ写真教室 横浜 主宰者・松田洋子 写真への思い

 

 

 

“ 写真は 自分の視点そのもの

 

          松田 洋子

 

 

写真に切り取った景色は、自分の視点だと思っています。

何を切り取って、何を切り取らないか。

 

伝えたいことは何かを

明確にしていくには、切り捨てる覚悟がいるのです。

 

なんとなくキレイな風景、なんとなくキレイなものからは、本質は伝わらない。

 

 

写真を始めたばかりのころは、

ただただ撮るのが楽しかったけれど、

 

今は、1枚1枚を真剣に切り取りたいと

思ってます。

 

 

なぜなら、切り取った1枚の写真には自分の気持ちが記録されるから。

 

 

 

写真って本当に奥が深い、何枚とってもゴールはないから楽しいのです。

 

そんな写真の奥深い楽しさを、

たくさんの人に伝えていきたいと思っています。