主宰者コラム
カメラ、写真のこと、主宰者の写真へのきもちについて
いろいろな角度から書いています。

 

 

 

記録の写真?それとも記憶に残る写真?

 

 

 

カメラで誰でもきれいに撮影ができる時代。

それでも写真教室にたくさんの生徒のみなさんが来てくださるのはなぜなのでしょうか?

この4年間、たくさんの生徒のみなさんに写真の撮り方をお伝えしていて感じたのは、
2つのパターンに分かれるということ。

 

ひとつは、
記録の写真を撮りたい方。

もうひとつは
記憶に残る写真を撮りたい方。

 

 

記録は写実、
記憶は感性

どちらが良い、悪いはありません。

みなさんはどちらがお好みですか?

 

 

コラムトップへ

 

ホーム                       写真展                                                                                   ・まとりかりあ写真教室 グループ写真展

ブログ                       ・松田洋子 写真展

 

まとりかりあとは?               アクセス


 


講座のごあんない                講座お申し込み・お問い合わせ

    ・入門クラス


・技術のエッセンスクラス
         講座スケジュール

・光のデッサンクラス


・個人レッスン                主宰者 プロフィール

                             コラム

・ヨコハマお散歩フォトレッスン          リンク

・企業・団体さま向け写真講座

・女性のための起業相談             
サイトマップ

 

・1日体験講座

 

・生徒さまの声


・Q&A

・教室規約