「まとりかりあ」とは?

横浜写真教室 まとりかりあとは?
横浜の写真教室 まとりかりあ

 

教室の屋号、「まとりかりあ」とは、キク科に属する「マトリカリア」というお花の名前から取りました。

 

黄色い花芯に、白い小さな花びらがついた、カモミールに良く似ている小菊のようなお花です。

花言葉は、「集う喜び」、また子宮を意味するとも言われています。

 

主宰者・松田がフラワーアレンジを習っているとき、バラやユリなど目立つお花の横で、静かに咲いているこのマトリカリアをみて、心惹かれていたところから名づけました。

 

 

 

 

 

まとりかりあ写真教室のご紹介

女性限定写真教室 まとりかりあ写真教室横浜のご案内

 

まとりかりあ写真教室横浜は、女性の方に向けた写真講座を2012年より行なっています。

 

年齢層は20代半ばから80代の方まで幅広く、千葉、埼玉、静岡、遠くだと広島、兵庫、岐阜、青森などからお越しくださっています。


カメラは男性のもの、というイメージが以前はありましたが、最近は女性もカメラを楽しみたい、

写真で自己表現したい!という方が多くなりました。

 

そのような皆様に向けて、女性限定、少人数のレッスンで質問しやすい雰囲気づくりを心がけています。

 

初心者歓迎写真教室 花の写真

 

生徒の皆様のカメラは、デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラです。

お家に眠っていたカメラや、新しく買ったけれど使いこなせない、という方が多くいらっしゃいます。

 

まずはお持ちのカメラ機能を使えるようにお手伝いしております。

 

3ヶ月〜半年で機能が使えるようになられたら、次は構図と撮影するときの視点を

お伝えしています。

 

日常のなにげない風景、たとえば、道に咲いている野の花や、光と影を入れた空間など、様々な被写体を

通して構図や撮影するときの視点を学びます。

 

背伸びをして撮影し続けていると、いつか苦しくなることがあるかもしれませんので、

自分らしく素直に、目の前の情景を写真で切り取れるようになることが、

写真を一生の趣味にできるコツなのだと思っています。

 

 

 

まとりかりあ写真教室横浜ロゴマーク